乾燥した餃子の皮|薄いと厚いのはどちらが良いのか詳しく解説!

MENU

乾燥した餃子の皮を使ったレシピ

自宅で餃子を作る場合、餃子の皮は市販のものを使う事が多いです。中には、皮からすべて手作りで餃子を作る人もいますが、市販の皮を購入して作れば手軽にできます。ただ、ついつい買い過ぎてしまい、「気づけば乾燥してパリパリになってしまった」ということもあるでしょう。

 

そんな乾燥した餃子の皮を使って作るレシピですが、考え方さえ覚えてしまえば自分流にアレンジすることもできます。まず、乾燥した状態を戻したいのであれば「濡れ布巾をかぶせてしばらく置いておく」という方法があります。状態によっては完全には戻らないこともありますが、湿り気を与えることで購入時に近い状態まで戻すことができます。

 

ただし、乾燥した状態の取り扱いには十分に注意する必要があります。全体的に壊れやすい状態になっているので、ここで割れを作ってしまった場合は使用できなくなってしまいます。もし、餃子用として使えなくなってしまった場合は、「鍋に入れてワンタンのように利用する」などの方法もあります。

 

モチモチ、つるつるの食感で非常においしくいただけます。そのほかには、油に入れてパリパリの状態にするという選択肢もあります。そのまま塩で食べればおやつやおつまみにも最適です。

 

 

 

餃子の皮は薄い方がよい?

お肉などの餡を皮で包んだ餃子は子供たちも大好きな料理の1つですが、その皮が薄いか厚いかは食感に大きく影響します。

 

まず、日本では一番よく食べられている焼き餃子では、パリッと焼き上げて、外はさくさく、中はジューシーに仕上げるのがおいしさを出すコツ。この場合は、パリッという食感を出すために皮はできるだけ薄い方がよいですね。

 

ただし、あまりにも薄くしすぎると、餡を包むのが難しく、また、包むことができても焼いている最中やひっくり返すときに簡単に破れてしまい、焼いている間に中の肉汁が出てしまいます。こうなると、中のジューシーさが失われてしまいますので注意が必要です。

 

また、揚げ餃子の場合も、外がパリッとなっていることが食感の上で大変重要ですので、同じく皮は薄いのがよいでしょう。

 

一方、水餃子の場合、焼きや揚げで重視されるパリッとした食感は必要でなく、もっちりとした食感が命となります。そのため、あまり薄くしすぎるのはよくありません。ちょっと厚めかなというぐらいでOKです。

 

水餃子ではお湯でゆでたり、熱いスープの中に浮かべたりすることから、多少厚くても中の餡に十分熱が伝わります。餡が半煮えになってしまう心配はありません

 

 

 

餃子の皮は厚いほうがおいしい?

餃子の皮は強力粉を使って作るのが一般的で、厚みによって味が変わることはほとんどありません。触感が違うことと、厚みがあるほうが煮こむのに向いているといえます。

 

焼き餃子用は薄く作られており、パリッとした食感を楽しめるようになっていますので、水餃子や鍋に入れたりして使うと皮が破れてしまいます。

 

厚い皮と呼べる厚さは0.7ミリ以上のものが一般的で、手作りの皮を試してみるときには、厚いものでも大丈夫なように鍋や水餃子で食べると中まできちんと火が通ります。

 

厚い分、ミニピザの生地としても利用することができます。モチモチした食感を楽しめますし、油を使わない分ヘルシーに食べられるというメリットがあります。焼いたり、蒸したりするのであれば、薄いほうが時間が少なくても火が通りやすくおいしく食べられます。

 

中華料理店などで焼きで食べるときには、モチモチした厚い皮の餃子を食べるのを楽しむのがおすすめです。テクニックが必要になるからです。具に油や水分が多く含まれていればいるほどジューシーな味わいになりますが、焼くのも難しくなります。

 

大きさや厚みに関しては好みがわかれるところになりますが、自宅で手作りをする場合には厚いものを作り、蒸して食べて残りを焼きにするとおいしく食べられます。

 

 

 

米粉を使ったときの食感は?

老若男女問わず好まれている中華料理の一つとして、餃子が圧倒的な人気を集めています。熱々の焼きたてのジューシーな餃子は、子供たちからも変わらぬ満足度を誇っているのです。

 

小麦粉で作られた餃子の他にも、米粉で丁寧に仕上げられた餃子の皮が大きな注目を浴びています。米粉でできた皮は、非常にしっとりとしていて厚みがあり、食べてみるとモチモチとした食感が大きな特徴となっています。

 

お米ならではの独特のくせのない風味と、口に広がる弾力の良さは、幅広い年齢層からも熱烈な支持を得ているのです。米粉を用いることによって、小麦粉アレルギーでこれまでは食べられなかった人々が餃子を食べられるようになった点も大きな魅力といえます。

 

食感のモチモチ感と体への安全性の高さなど、あらゆる角度から見てもその皮はさまざまな料理にも応用が可能なのです。例えば、春巻きや焼売などの料理においても、米粉を積極的に使うことによって異なる風味を得ることにもつながっています。

 

このように、通常の皮と比較しても遜色ないほどの美味しさを期待できる中華料理として、あらゆる世代から熱狂的な人気と信頼を寄せられているのです。これからも、その魅力はより一層広がっていきます。

 

 

 

おすすめサイトはコチラ!

餃子の皮と一言で言っても、たくさんの知識があるわけですね。餃子の皮に詳しくなることで、料理の可能性が広がるということでもあります。

 

料理をしてご飯を食べてということで、美味しいご飯ができちゃったらダイエットも大変かもしれませんね。逆に、ご飯をたくさん食べても太ることができずに困っている人もいます。

 

太りたいけどできない人向けのウェブサイトがあります。